トップ

男性の冷え性改善

女性だけではなく男性も冷え性に

男性の冷え性の大きな原因とは

「冷え性」と聞くと、女性特有のものと思ってしまいがちです。
確かに、冷え性の割合は女性の方が多いのですが、最近、男性でも寝付けないほどひどいという方が多くなっているそうなのです。

「冷え性」は女性のものというようなイメージでなかなか人に相談できない男性のために、男性の冷え性の原因は何か?改善方法をご紹介したいと思います。

・男性の冷え性と女性の冷え性の違いは、筋肉量の違いがあげられる
まず、冷え性の種類についてです。

大きく分けて内臓が冷えている内臓型冷え性と、手足など先端が冷える末端冷え性があります。

男性も女性もどちらとも当てはまるのですが、冷え性になる割合は女性の方が本来は多いのです。

その理由として筋肉量の違いがあげられます。
男性は女性より筋肉量が多いため身体が冷えにくい構造になっています。

筋肉は身体の熱を作る機能を持っており、男性は代謝をあげる機能が女性より高いのです。女性は筋肉が付きにくい体質のため脂肪が簡単に増えます。そしてこの脂肪が冷えるとなかなか暖まりにくいため冷え性の原因1つとされています。

あとは、ストレスの問題です。
女性は生理などの関係で自律神経のバランスが乱れがちになります。そのために、血行不良を起こしやすいので冷え性の方が多いのです。

・冷え性は女性のものというイメージが強いので、男性は症状をうったえにくい場合が多い
冷え性と聞くと女性特有のものと思いがちです。
そのため、男性で冷え性だとこの症状を誰にも相談できないし、対策を立てようという気持ちにもなりにくいのかもしれません。

しかし、男性でも冷え性であるといろいろと生活に支障をきたす原因になることを知っていただきたいと思います。

・男性の冷えの主な原因はストレスからくる自立神経のバランスの乱れの場合が多い
男性の冷え性の主な原因は「ストレス」と言われています。
このストレスで自律神経を狂わせホルモンバランスなどを乱していることにより、冷え性となってしますのです。

冷え性の原因は「交感神経」の働きが弱くなり自律神経が乱れているため体温調節がうまくできないために起こります。
自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つでバランスを保っているのです。

体温が上がりそうなときは副交感神経が身体から熱を逃がす働きをします。逆に寒い場合は交感神経が熱を逃がさないように血管をコントロールするのです。
しかし、この交感神経の働きが弱くなると、寒くても血管をコントロールしてくれないのです。その結果、身体の温度が下がり冷え性となっていくのです。

・最近男性に冷え性が増えている理由は、筋肉量の低下がいつの大きな原因かも
最近男性に冷え性が増えている理由として筋肉量の低下が大きな原因かもしれません。
運動不足、冷たい飲み物を好み、喫煙をする、そして肥満です。

筋肉量が減るということは、熱を作る機能が損なわれてしまい冷え性となっていくのですね。
冷え性にお悩みならこちらをご覧ください